学校

会社は守ってくれない解雇は突然に

目安時間 7分
  • コピーしました

夫婦で同じ会社につとめていたらふたりとも解雇になるなんてことを
2度もあったというレアケースを経験しました。

その時の話なのですが・・・・
ほんと今だから言えるけど当時はシャレにならない~って状況ですよね。

だって。
同じ会社につとめてて同時期に解雇されたら収入なしでしょ?
そのへん会社側はまったく個人の事情を理解してないってこと。
もう人としてじゃなく部品としてしかみてないんだなと思えてしまいます。

はじめに解雇されたのが20016年くらい
子供が保育園に入っていて未就学児でした。
保育園は働いていないと預けられない。
で。

園長先生は

1ケ月で「次のところ見つけてください」って
もう鬼でしょ。
そのとき会社や社会は守ってくれないのだな~と気づきました。

で。その後なんとか2人とも仕事は見つかるものの、
数ヶ月で契約終了を繰り返し・・・

これは当然ですよね。

非正規だし、すぐにはいれるところをハローワークで探すとなると

ブラック企業しかないもの。

忙しいときだけの補充人員にしかなりえないってやつ。

で。それを知った知人の会社に2人ともつとめることに。

が・・・2年後事件は起こります。
主人が病気を理由に解雇になります。
しかも。通告されたのが当日。

鬼畜すぎだろ~。
「そのまま荷物をまとめて帰って」ですからね。
でも・・・
糖尿病で飲んでいた薬がすごく眠くなる薬で、
社長がいる前でこっくりと居眠りをしてしまったというのが
原因なのだけど。

 

その後仕事を探すも見つからず・・・
子供の保育園は退園の危機に!
園長先生から「少しでも働いていないと退園していただきます」って
マジで~。

子供は当時年長さん

あと数ヶ月で小学校っていうときだったので、

今から保育園ではなく幼稚園に変わるなんて無謀すぎじゃないか。

なんとか・・・

保育園のまま卒園できないか?

といろいろ考えました。
そんな中ひねりだしたのが、「病気を理由にする」
ということでした。
診断書を主治医に書いてもらい「傷病を理由」で
なんとか退園を回避することができました。

と。いうことはですよ。
もう働くことができないくらい病気は進行し、悪化しているということ。
このままだと・・・
家計は破産の方向へ行ってしまう。

子供の世話や家事があるため、パートでしか私は働けない
でも・・・
それじゃあ生活費は全然足りない。

 

 

ほんとね。

普通に生活していてもいつ解雇になるかわからない世の中。

そして病気や障害、介護などで働けなくなるなんてこともあるんだと

その時知りました。

 

 

でも・・・ここで立ち止まっていては共倒れになるしかない。

情報を集め、頼れるところにどんどん相談に行く。

保育園退園の危機を回避できたのはまずは動くということで

なし得ました。

 

そこで・・・水面下で稼ぐ方法を探すことにしたのです。
で。
2020年にワードプレスブログを始めることにしました。
よし、すこしずつ時間はかかってもパート以外でも収入を得られるようにしていこう。
なんて考えていたときでした。

なんと・・・
今度は私が解雇に。
「あさってで。終了だから」
突然の出来事でした。
これで収入源は何もなくなってしまいました。

うそだろ~。

子供が学校休業中の中無理して働いて・・・

家からすぐ近くでコロナ患者が発生しても無理して会社に行った。

それが・・・

簡単に解雇されてしまうんだ。

絶望しかありませんでした。

幸いコロナ解雇ということで失業保険はもらうことができました。

ほんと今は仕事しているけれども
突然に一方的に解雇されることもある。
次の仕事見つければいいって思うでしょ?
だけど・・・
家族が全員基礎疾患持ち
子供は小学生になったものの
・家から5分
・土日祝日休み
・昼に一度家にかえる必要がある
・月に数回休みが必要

そんな求人あるわけありません。

ハローワークでも

「まずは環境を整えてください」

と言われるばかり。

福祉課に相談すると

「健康で働けるのならは働くところを探してください」

双方でいうことが全く逆でした。

行政には頼れないことをしりました。

 

外で働くことを諦めざるをえませんでした。
でも・・・
そのときブログをすでにはじめていたからこそ。
逆に中途半端で作業ができていなかったブログに専念できる。
と思えました。

失業保険が切れる頃にはブログの収益も月1万になることもありました。
世帯収入からすると全然足らないのかもしれない。
でも・・・
まったくの無収入じゃないし、なにより自分の力で稼ぐことができている。
会社に頼らない生き方ってのもあるんだ。
と気付かされました。

将来が不安だということは簡単。
でも不安なだけで動かなかったら、ずっと不安なまま。
だから少し余裕のあるときにはじめていればほんとにせっぱつまった時
心に余裕ができるな~と思えました。

 

 

これは誰にでもおこりえること。

リスクに備えて不安ならまずは情報収集し、動かないとはじまらない。

今日より明日がもっといい日になるように

 

  • コピーしました

   学校 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリ
ブログランキング
▼ブログランキング参加しています
人気ブログランキングへ